外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州看護福祉大(熊本県玉名市)が、女子柔道部のコーチでアテネ、北京五輪の男子柔道金メダリストの内柴正人客員教授(33)にセクハラ行為の疑いがあるとして、学内に委員会を設置し調査していることが8日、大学への取材で分かった。大学によると、内柴氏が9月に学外でセクハラ行為をしたとの情報が、被害に遭ったという女性の関係者から9月下旬に寄せられた。大学は調査委員会を設置し、非公開で事実関係を調査中。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信