外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 52年ぶりの東京開催となった柔道の世界選手権が9日、東京・国立代々木競技場で開幕。男子100キロ級で昨年の全日本王者穴井隆将(天理大職)が決勝でヘンク・フロル(オランダ)に優勢勝ちし、初の金メダルを獲得した。女子78キロ超級では杉本美香(コマツ)が初優勝。日本は前回の09年ロッテルダム大会で男子が「金」ゼロに終わっており、競技発祥国の日本が舞台となった今大会で雪辱を果たした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信