外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】柔道のグランドスラム・パリ大会は9日、パリで開幕して男女計7階級を行い、女子48キロ級は世界選手権2連覇の浅見八瑠奈が決勝でフランス選手を下して優勝した。男子60キロ級の高藤直寿も決勝で韓国選手に一本勝ちした。女子は52キロ級で、昨年の東京大会覇者の橋本優貴が準決勝でルーマニア選手に一本勝ちし、宮川拓美は3位になった。日本勢は女子代表前監督らの暴力問題の影響が懸念された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信