ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

柔道女子、園田監督が引責辞任

 ロンドン五輪代表を含むトップ選手15人から暴力行為とパワーハラスメントを告発された柔道女子日本代表の園田隆二監督(39)の引責辞任が1日、決まった。この日、全日本柔道連盟(全柔連)に提出した進退伺が受理された。園田監督は「こういう形でやめてしまうのは申し訳ない。責任は私自身が一番感じている」と述べた。全柔連は園田監督に戒告処分を下して留任させる方針だったが、同監督が1月31日に辞意を表明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。