外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柔道女子の暴力告発問題で女子日本代表監督を辞任した園田隆二氏に代わって指揮を執る田辺勝監督代行(40)や、貝山仁美(35)と薪谷翠(32)の両コーチが辞意を固めたことが4日、分かった。田辺監督代行は「前監督と同じ戒告処分を受けているのに、このまま指導を続けるのは筋が通らない」と話した。関係者によると、全日本柔道連盟(全柔連)の問題の対応への強い不満が背景にある。近日中に辞表を提出する見込み。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信