外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柔道女子日本代表での暴力指導を告発した15選手への聞き取り調査をした日本オリンピック委員会(JOC)の「緊急調査対策プロジェクト」がまとめた報告書で、強化現場で暴力行為や「ブタ」などの侮辱的発言があり「重大な不当行為が発生していた」と認定したことが16日、複数の関係者への取材で分かった。JOCは19日の理事会で全日本柔道連盟への処分などを協議する。報告書は、園田隆二前監督による一部選手への平手打ちなどを確認。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信