外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本オリンピック委員会(JOC)の平真事務局長は30日、柔道女子の日本代表ら15選手の告発文に記された暴力やパワーハラスメントの実態を明らかにし「全日本合宿などで『死ね』と言われたこともあったと記載されている」と説明した。2度の面談で延べ9選手から事情を聴いた平事務局長は「暴力を受け、顔は笑っていても気持ちとしては怖かった、不安だったという声を聞いている」と話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信