外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】64年東京五輪の柔道無差別級金メダリストで、国際オリンピック委員会(IOC)委員でもあったオランダのアントン・ヘーシンク氏が27日、オランダのユトレヒトの病院で死去。76歳。地元メディアが伝えた。死因は明らかにされていない。ヘーシンク氏は柔道が初めて採用された東京五輪で、神永昭夫氏を決勝で破り、日本に衝撃を与えた。柔道の国際化に尽力、カラー柔道着の導入などを推進。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信