外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柳田稔法相の国会軽視発言をめぐり、自民党が参院に提出予定の法相問責決議案は18日、野党各党が賛成方針で足並みをそろえ可決の見通しになった。法的拘束力はないが、政治的影響は大きく進退への波及は必至だ。民主党内では「辞任は避けられない」(幹部)との見方が出ている。自民党は週明け提出も視野に検討を進める。菅首相は記者団に「本人は深く反省して謝している」と続投させたい考えを示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信