外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2005年に起きた栃木県今市市(現・日光市)の小1女児殺害事件で殺人罪に問われた無職勝又拓哉被告(36)の控訴審で、東京高裁(藤井敏明裁判長)は3日、一審宇都宮地裁の裁判員裁判判決を破棄、改めて一審と同じ無期懲役の判決を言い渡した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信