外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 栃木県警は11日、集団自殺をほのめかす内容をインターネット掲示板に書き込んだ神奈川県の無職男性(40)に、捜査員が自殺志願者になりすまして接触し、男性と栃木県の少年(19)を保護したと明らかにした。県警によると、男性は10日、掲示板に「今日の16時 栃木県の某駅集合で 方法は硫化水素」などと書き込み、自身の携帯電話のメールアドレスを公開した。掲示板の運営会社からの通報を受け、男性捜査員が自殺志願者を装って書き込み、集合時間や場所を聞き出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信