ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

校舎に12歳の女児、救出に全力

 【メキシコ市共同】メキシコ中部で19日に起きたマグニチュード(M)7・1の地震で、同国当局は20日から21日にかけ、各地で行方不明者の捜索を続けた。校舎が崩壊した首都メキシコ市南部の学校では、がれきに閉じ込められた女児の生存が確認され、救助隊員らが救出作業に全力を挙げた。AP通信によると、地震の死者は少なくとも245人となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。