外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国の公立小中高校などで、校長や教頭、主幹教諭が一般教員などに自主的に降格する「希望降任制度」を2009年度に利用したのは前年度より44人増の223人で、データのある00年度以降で最多となったことが27日、文部科学省の調査で分かった。教頭や主幹教諭が「健康問題」を理由に降任するケースが目立ち、文科省は「校長や現場との板挟みになり、負担が重いと感じたのではないか」とみている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信