外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 奈良県橿原市で公立中1年の女子生徒=当時(13)=が同級生の無視などに「これはいじめ。死にたい」と漏らした後の3月に自殺した問題で、学校が6月の緊急保護者会で、校長が「調査の中でいじめの情報はなかった」と説明していたことが6日、学校関係者への取材で分かった。市教育委員会の教育長は保護者会前日、記者会見で「いじめをうかがわせる回答があった」と説明。校長も同席しており、虚偽説明をしていた疑いがある。

共同通信