外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は1日、核関連の違法取引に関する報告書を発表し、北朝鮮が今後、パキスタンの核科学者カーン博士が構築したネットワーク「核の闇市場」に匹敵する役割を果たす可能性があると警告した。報告書は、北朝鮮が新たに獲得したウラン濃縮技術を外貨稼ぎに利用しかねず、将来的には濃縮施設建設を丸ごと請け負う恐れがあるとしている。

共同通信