外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】核兵器開発につながるとして国際社会が懸念を強めるイランの濃縮度約20%のウラン製造について、核活動を監視する米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)のオルブライト所長は13日までに、早ければ来春にも核兵器製造に必要な量に達する可能性があると述べた。共同通信の取材に応じた。イランは核弾頭製造などの技術を獲得していないとみられるが、原料を確保した場合、脅威が増すことは必至。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信