外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米世論調査会社ラスムセンは28日までに、米国が保有する核兵器の削減に国民の50%が反対しているとの世論調査結果を発表した。賛成は27%にとどまり、オバマ大統領が目指す一層の核削減に否定的な意見が根強いことを示した。民主党支持者の間では核削減に賛成が35%、反対36%と拮抗したが、共和党支持者では反対が67%と賛成(18%)を大きく上回り、支持政党による違いも鮮明になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信