外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小野寺五典防衛相は6日午前、北朝鮮の核実験に関し、国際機関によるマグニチュード(M)の最終的な分析結果を受け、爆発規模の推定を5日に示した約120キロトン(TNT火薬換算)から約160キロトンに修正したと記者団に明らかにした。「水爆実験であった可能性も否定できない。広島に落とされた原爆の10倍となる」と述べた。これに先立ち、マティス米国防長官と電話会談し、日米が緊密に連携し、目に見える形で北朝鮮への圧力を継続することで一致した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信