外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせ米ニューヨークを訪れた被爆者を対象にした共同通信のアンケートで、核廃絶に向けた日本政府の取り組みに86%が不満を抱いていることが31日分かった。被爆者の高齢化が進む中、95%が被爆体験の継承に不安を感じている実態も判明。日本が唯一の被爆国として十分な責務を果たしていないとのいら立ちが浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信