外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の定例理事会(日米など35カ国)は3日、IAEA主導の国際的な枠組みで核燃料の低濃縮ウランを管理、供給する「核燃料バンク」の設立決議を賛成多数で採択した。温室効果ガス排出を抑える原子力発電を再評価する「原子力ルネサンス」が進む中、核兵器開発につながりかねないウラン濃縮技術獲得に向けた各国の動きを抑え、核の拡散防止につなげるのが狙い。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信