外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【広州共同】新華社電(電子版)によると、中国広東省江門市共産党委員会などは13日、同市で計画されていた核燃料工場建設を中止すると明らかにした。同市では12日、計画撤回を求める大規模なデモがあった。中国紙によると、この施設は江門市鶴山に建設予定で、総事業費約370億元(約5980億円)。ウラン濃縮などを行い、広東省などにある原発に供給する核燃料を生産、2017年の操業を目指していた。

共同通信