外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 陸上の日本学生対校選手権最終日は4日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、男子200メートルはリオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルの桐生祥秀(東洋大)が20秒60で2年ぶりに勝ち、100メートルとの個人2種目制覇を10年ぶりに果たした。東洋大が初優勝した1600メートルリレーでは第2走者を務め、3冠を達成した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信