外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市立桜宮高2年でバスケットボール部主将の男子生徒が顧問の体罰を受け自殺した問題で、顧問だった小村基元教諭(47)=懲戒免職=が4日夜のNHK番組に出演し、「私が彼を死に追いやった」と述べ、初めて公の場で謝罪した。小村元教諭はインタビュー形式の取材に応じ「彼(自殺した生徒)のレベルアップが、チーム全体のレベルアップにつながると考えた」と体罰をした理由を説明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信