外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市立桜宮高の体罰問題で、自殺したバスケットボール部主将で2年生の男子生徒=当時(17)=を殴り負傷させたとして、傷害と暴行の罪に問われた部顧問だった元教諭小村基被告(47)=懲戒免職=に大阪地裁は26日、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡した。小野寺健太裁判官は「生徒が肉体的だけでなく、相当な精神的苦痛を受けたことは自殺からも明らか。指導が効果的で許されると信じ込み、体罰を続けた」と指摘。

共同通信