ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

桜宮高、自殺の主将に体罰集中か

 大阪市立桜宮高2年でバスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の男性教諭から体罰を受けた後に自殺した問題で、生徒が顧問に宛てた手紙に「ほかの部員と同じミスをしても主将だから、よりきつく怒られる」という趣旨の記述があったことが9日、分かった。市教育委員会が明らかにした。生徒は手紙を顧問に渡す前に自殺した。市教委は、生徒が自分に体罰が集中する理不尽さを苦に自殺した可能性もあるとみて調べている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。