外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 火山噴火予知連絡会の拡大幹事会は21日、鹿児島市の桜島について、大規模噴火が発生する可能性は、噴火警戒レベルが4(避難準備)に引き上げられた15日時点より低下したものの「活動の変化を注意深く監視する必要がある」との見解を発表した。気象庁は「レベル変更をすぐに判断できない」とし、4を当面維持する方針を示した。

共同通信