外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は1日、鹿児島市・桜島の噴火警戒レベルを4(避難準備)から3(入山規制)に引き下げたと発表した。火山性地震が減少しており、大規模噴火の恐れが少なくなったと判断。警戒範囲も昭和火口と南岳山頂火口の3キロ圏から2キロ圏に縮小した。市もレベル引き下げを受けて、桜島の2地区に出していた避難準備情報を解除した。

共同通信