ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

森口氏のiPS特許取り下げ

 【ワシントン共同】人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床応用に関して元東京大病院特任研究員の森口尚史氏が虚偽の発表をした問題で、米マサチューセッツ総合病院は19日、森口氏と同病院のレイモンド・チャン医師を共同発明者とするiPS細胞作製技術の特許を米当局に出願、取り下げていたことを明らかにした。同病院によると、出願していたのは知的財産部門で、森口氏の虚偽問題を受けて取り下げた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。