外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】国境を超えて森林保全と地球温暖化対策を同時に進める新たな仕組み「REDD(レッド)プラス」を加速するため、日本や米国、英国など17の先進国は2012年までに、発展途上国での森林保全事業に40億ドル(約3300億円)規模の出資をすることで23日までに合意した。REDDは「森林減少と劣化の防止による温室効果ガスの排出削減策」の略語。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信