外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 検察審査会が2013~15年に不起訴不当や起訴相当を議決した212事件を最高検が調査した結果、18%に当たる38件は再捜査後に一転起訴されていたことが1日、検察関係者への取材で分かった。最高検は内部文書で「取り調べや証拠の検討が不十分だったケースがあった」と指摘。文書を参考に若手検事らを指導するよう、全国の地検と高検に求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信