ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

検察当局、東電の勝俣前会長聴取

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、検察当局が業務上過失致死傷容疑などで、東電の勝俣恒久前会長を任意で事情聴取したことが24日、関係者への取材で分かった。事故の予見可能性が捜査の焦点で、検察当局は勝俣前会長に対し、同社の津波対策や、事故をどの程度予測していたのかという点などについて、説明を求めたとみられる。検察当局は今春にも立件の可否を判断する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。