外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市東住吉区で1995年に起きた小6女児死亡火災を巡る再審初公判は2日午後も大阪地裁で続き、検察側は殺人罪などで無期懲役が確定していた母親青木恵子さん(52)の捜査段階の取り調べに関し「違法性はなく、自供書を証拠から排除する理由はない」と主張した上で求刑を見送り、即日結審した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信