外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 加害者が不起訴となった交通事故で、被害者らの不服申し立てにより全国の主な検察審査会が4~9月に処理した112件の約4分の1に当たる30件について、検察が審査会の判断を待たずに一転して起訴していたことが26日、共同通信の集計で分かった。検察が、当初の捜査が不十分だったことを認め、審査会で「起訴相当」や「不起訴不当」と議決される前に自発的に判断を覆したとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信