外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 妊婦の血液で胎児のダウン症など3種類の染色体異常を調べる新しい出生前診断について、日本産科婦人科学会は15日、実施指針の最終案をまとめ公表した。安易な普及には懸念を表明、一般の人からの意見募集とその後の検討を踏まえて指針を確定させるとし、検査開始は来年3月以降の見通しとなった。複数の医療機関は年内にも臨床研究の開始を計画していたが、検査の意義や解釈の仕方が社会に浸透しておらず、早期の実施には慎重な姿勢を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信