外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 指定暴力団極東会傘下組織の組員に金を脅し取られたなどとして、男女27人が組員のほか、暴力団対策法の使用者責任規定に基づき極東会事実上トップの曹圭化元会長(88)に計約2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、ほぼ請求通りに賠償を命じた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信