外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球楽天の田中将大(24)が13日、仙台市の日本製紙クリネックススタジアム宮城で行われたオリックス戦で開幕21連勝を飾り、1957年に西鉄(現西武)の稲尾和久がマークした同一シーズン最多連勝記録を56年ぶりに塗り替えた。「鉄腕」と呼ばれた稲尾の20連勝に6日の試合で並んでいた。先発した田中は完投でチームを6―2の勝利に導き、初優勝を目指す楽天の優勝へのマジックナンバーを「12」に減らした。

共同通信