外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球コンベンションが26日、東京都内のホテルで開かれ、今季の最優秀選手(MVP)にパ・リーグは楽天の田中将大投手(25)、セ・リーグはヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)がともに初めて選ばれた。田中は1位票を独占し、満票での選出となり、バレンティンは最下位チームから初のMVPとなった。

共同通信