外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲の横綱日馬富士関による暴行問題で揺れる日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)が27日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、日馬富士関には「非常に厳しい処分が必要」との見解で一致した。相撲協会への答申となる横審の決議には引退勧告や休場勧告、注意などがある。横審としての判断は持ち越した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信