外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 飲食店経営会社の社長に対する昨年6月に起きた恐喝事件の刑事処分をめぐり、東京第4検察審査会の「起訴相当」議決で事件への関与を指摘された民主党の横峯良郎参院議員(50)を、東京地検が任意で事情聴取していたことが5日、関係者への取材で分かった。「起訴相当」と議決された同社役員らとの関係などについて説明を求められた横峯氏は、事件への関与を全面的に否定したという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信