ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

横浜市、「待機児童ゼロ」達成

 保育所に入れない児童を「2010年から3年間でゼロ」とする目標を掲げていた横浜市は20日、一時は全国最多だった待機児童数が4月1日現在で前年より179人減ってゼロになったと明らかにした。民間企業の保育所事業への参入を積極的に進めたことなどが要因。一方で定員の急拡大は保育士不足を招く恐れがあり、保育の「質」や財政負担の増大も懸念される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。