外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 横浜DeNAの清水直行投手が12日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、野球協約で定められた減額制限を超える80%減の年俸5千万円プラス出来高払いでサインした。同一球団による契約更改での2億円減は、ソフトバンク松中信彦外野手が10年オフに半減の年俸2億円で契約した時に並ぶ球界最大の減俸となった。清水は開幕前に痛めた左膝の状態が上向かず、今季は7試合で2勝4敗、防御率4・62。(金額は推定)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信