外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】7日付の韓国紙、東亜日報は、日本政府の拉致問題対策本部による調査報告書の内容として、拉致被害者横田めぐみさんが入院していたとされる北朝鮮・平壌の病院の2人の関係者が、めぐみさんは精神安定剤などを過剰に投与され、1994年4月に死亡したと証言したと報じた。

共同通信