外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 業務上横領罪に問われ無罪が確定した山口県宇部市の焼き肉店元店長斎藤猛さんが、国などに2500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、斎藤さんの弁護団は14日、国側が捜査ミスを認め、広島高裁で和解協議に入ったことを明らかにした。弁護団によると、国側は起訴を判断する際に証拠を見落としたことを認めた。弁護団は「国側が和解に応じるのは極めて異例」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信