外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界自然遺産の鹿児島県・屋久島に自生する推定樹齢2千年の屋久杉「翁杉」(高さ23・7メートル、幹回り12・6メートル)が、地面から約3メートルの部分で幹が折れて倒れていたことが12日までに分かった。枯死していない屋久杉の中では、縄文杉(幹回り16・4メートル)に次ぐ太さの巨木。倒れた原因は分からないという。翁杉は縄文杉に向かう登山道沿いの標高約千メートルの地点に立っていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信