外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市の橋下徹市長は7日の市戦略会議で、2015年度をめどに約3万8千人の職員数半減を目指す方針を決めた。市営地下鉄や病院、水道、ごみ収集事業の民営化など経営形態の変更を進め、約1万6400人の職員の身分を非公務員化する。橋下市長は昨年11月の市長選公約で1万2千人以上の職員数削減を掲げており、会議では「経営形態が変わらなければ僕が大うそつきになってしまう」と幹部らにハッパを掛けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信