外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本維新の会代表代行を兼務する橋下徹大阪市長は18日、「政務と公務の使い分けはもうしない。市長の仕事と維新の仕事は分ける必要がない」と述べ、今後、立場での業務を区別しない考えを示した。同時に「どんな肩書でも大阪のために仕事をする」と強調。橋下氏は、市長としての記者会見では市政に関する質問のみを受け付け、国政についての取材機会を別に設けていたが、次期参院選までの期間は、一本化する方針も示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信