外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は16日、民放番組で風俗業の活用を在日米軍に求めたことについて「あまりにも国際感覚が足りなかった。反省すべきところがある」と表明した。同時に「米国の風俗文化の認識が足りなかった。表現不足だった」と釈明。米政府を含め内外で高まる批判を受け、軌道修正を図った形だ。また大阪市は16日、橋下氏が24日、韓国人の元従軍慰安婦の女性2人と市役所で面会することを明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信