外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 神戸市で4月、新名神高速道路の建設現場で橋桁が落下した事故で、西日本高速道路が設置した有識者の技術検討委員会(委員長・山口栄輝九州工業大副学長)は19日、事故前、橋桁の東側にあった設備の支柱が、地面へ不均等に沈み込む「不等沈下」と呼ばれる現象の影響で18・5センチ西側に傾いていたのが主な原因との報告をまとめた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信