外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が機密を取り扱う国家公務員を対象に「適格性調査」を実施すると定めた行政文書について、大阪の弁護士が国に全面開示を求める訴訟を大阪地裁(田中健治裁判長)に起こし、内閣情報調査室の調査官が12月25日の弁論で証言する方針であることが12日、分かった。関係者によると、調査について国側が法廷で説明するのは初めて。

共同通信