外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】ネパールの首都カトマンズの国際空港で3月、バングラデシュのUS―バングラ航空機が着陸に失敗し炎上、乗客ら51人が死亡した事故について、機長が情緒不安定な状態で操縦し、無理な着陸を強行したことが原因だったとする報告書を、ネパールの事故調査委員会がまとめたことが27日判明した。機長は操縦室で喫煙していたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信